菅原神社

九九七年(長徳三年)創建 菅原道真公 大阪府堺市|菅原神社 堺戎神社・堺薬祖神社

HOME»  ブログ記事一覧»  社務所»  夏越の大祓

夏越の大祓

夏越の大祓

皆さまこんにちは。
本日境内に茅の輪が設置されます。
6月30日の夏越の大祓では茅の輪くぐりをします。
八の字にくぐります。
日ごろの罪や穢れを祓い、12月末までの無病息災を祈念致します。
人形(ひとかた)は、神事後に堺港へ流します。
当日お詣りいただけない場合は、社務所に人形(ひとかた)を準備しておりますので
お声かけください。当日一緒にお祓い致します。

蘇民将来のおはなし

むかし、むかしあるところに牛頭天王という人がいました。
そろそろお嫁さんがほしいなぁと思っていると鳩がやってきて「竜宮城へ行きなさい」と教えてくれました。
そこで、牛頭天王は竜宮城への旅に出かけました。
  途中、泊めてもらうところを探しているとこの辺りで一番のお金持ちの巨旦ごたんの家がありました。
牛頭天王が「一晩泊めてください」と言うと、巨旦は意地悪く「うちは貧しいから泊められないよ」と嘘をついて断りました。
牛頭天王は困りました。
しかたなく歩いて行くと蘇民将来の家がありました。「泊めてください」と言うと貧しいながらも
「どうぞ」と言って家の中に招き牛頭天王に粟飯をおもてなししました。
  次の日牛頭天王は泊めてもらったお礼に、これから疫病が流行ったら蘇民将来の子孫末代まで守ると約束されました。
その目印として茅の輪を腰につけさせたと言われます。
 
  代々蘇民の家の人たちは、このとき牛頭天王が言われたように「蘇民将来」と書いた木を身に着けていました。
それがお守りとなったので幸せに暮らしたという言い伝えが残っています。
  この木のお守りが現在は注連縄にとりつけられ家の玄関口で悪いことを追い払ってくれている護符として
飾られています。
 

2020-06-26 09:42:32

社務所   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント