菅原神社

九九七年(長徳三年)創建 菅原道真公 大阪府堺市|菅原神社 堺戎神社・堺薬祖神社

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

福娘募集に次いで巫女募集します!

・年末年始12/31から1/3まで終日

 天神本社授与所にて

・1/9から1/11まで戎祭終日(9時から22時)

 戎社本殿授与所と天神本社授与所にて

奉仕していただく巫女も数名募集します。

福娘とは違いますのでお間違いのないようお願いいたします

事前に履歴書をご送付ください。

履歴書希望欄にて巫女年末年始希望、戎祭巫女希望、

どちらも可能などご記入ください。決まり次第締め切ります。

お待ちいたしております。

〒590-0945

堺市堺区戎之町東2-1-38

 菅原神社 

※封筒に巫女希望とご記入ください


菅原神社・堺戎神社 社務所

 

2021-10-16 09:42:39

コメント(0)

折りたたむ

令和3年薬祖祭に関して

菅原神社境内にございます末社薬祖神社では

毎年11月23日に薬祖祭を斎行しております

日本の薬祖神である少彦名命、中国の医療神である神農大神を祀ります

本年も午前の新嘗祭に続きまして、午後から薬祖祭を斎行いたします

時間は10:00~16:00頃まで

祭典時間 14:00斎行

癌封じとして 青竹酒神事

健康として枸杞酒授与

長寿厄除けぜんざいは本年も中止とし、代わりに堺の銘菓けし餅で有名な小島屋様のぜんざいを

お持ち帰り用として授与します

どちらも数に限りがございます

張り子の神虎がついた五葉笹も授与いたします

 神虎について

中国の神話では、悪鬼を喰ってくれる虎は人間にとって守護神であり

コレラ騒ぎの渦中にあって疫病退散の祈りとともに笹に吊るされました

それ以来薬祖祭には張り子の虎がかかせない授与品となっています
 

2021-10-12 15:16:58

コメント(0)

折りたたむ

令和4年戎祭の福娘募集!

令和4年 戎祭の「福娘」を募集いたします

希望者は、写真付の履歴書を下記まで郵送してください。


             記
 
 
【奉仕期間】
令和4年1月9日(日)10日(月)11日(火)の3日間
 
【奉仕時間】
9:00から22:00頃まで
 
【奉仕資格】
18歳~28歳までの未婚女性。終日奉仕可能な方。(ただし高校生は除く)
 
【奉仕内容】
参拝者の皆様に福笹や吉兆品・御札・御守り等の授与
 
【奉仕料】
日給制(当社規定に準ずる)昼食・夕食あり、奉仕最終日の11日に支払い
 
【注意事項】
茶髪・ピアスや指輪等アクセサリーの着用、派手な化粧やネイルでの奉仕はご遠慮いただきます
神社での守秘義務は遵守してください
 
【申込締め切り】
令和3年10月末到着分まで
 
【面接日時】
11月23日午後からを予定しております
 
【募集条件】
3日間奉仕できる方を優先いたします
 
【お問い合わせ】
info@sakaitenjin.or.jp
 
※お電話での問い合わせはなるべくご遠慮ください


※郵送先

〒590-0945
   堺市堺区戎之町東2-1-38

   堺戎神社 福娘選考委員会

募集は、10月末締め切りで書類審査を行い、面接(11/23)を経て最終決定致します。

皆様のご応募お待ちしております。

新型コロナウイルスの感染状況により、奉仕には万全を期して臨みますが
マスクを着用しての奉仕になることをご了承ください。

事態の収束状況に応じて、対応を変更させていただく場合があります。

ご来社の際は、検温を行っていただきマスク着用をお願いします。
入り口には消毒薬を設置致します。

尚、歴代福娘として奉仕した方は、来年えべっさんにて福娘OGとして奉仕していただきたいので

こちらもご連絡お待ちしております。
 

2021-10-09 09:57:04

コメント(0)

折りたたむ

お庭のホタル

本年のホタル観賞会につきましては、新型コロナウイルス感染拡大による深刻な状況を鑑み、

関係者協議の結果、昨年同様に中止となりますことご理解とご了承の程お願い申し上げます。

こちらで現在のホタルの状況をお知らせしたいと思います。

昨日のお庭の様子です。

ホタルは夜に発光しますので、昨年は夜の様子だけを載せましたが

今年は昼間の様子も載せてみます。




2021-06-15 11:35:38

コメント(0)

折りたたむ

今年度も中止となりました

こんにちは。雨がよく降りますね。
6月に入りましてお問い合わせも多々増えて参りましたので
再度申し上げます。
今年もコロナ禍の中、緊急事態宣言が延長となりまして
ホタル観賞会を中止するという判断になりました。

昨年に引き続き、大変心苦しく思いますが
また来年には少し世も変わってきているかと存じます。
来年こそは是非お目にかかりたいです。


夏は夜 月の頃はさらなり 闇もなほ 蛍の多く飛び地がひたる

また唯一つ二つなど ほのかにうち光りてゆくもをかし

 

2021-06-04 15:34:50

コメント(0)

折りたたむ

戎祭に関しまして

堺戎神社では、例年通り1月9日、10日、11日で戎祭を斎行いたします。

吉兆品などの授与も3日間共に10時から22時までとなります。

8日から先立って授与したり、月末まで延長して授与することはありませんので
ご注意ください。

境内、境外に露店の出店は残念ながらございません。

福玉引きに関しても今回中止とさせていただきます。

福玉名物の当たり声が聞けなくてとても残念という声をいただいています。

コロナが今年こそ落ち着き、平和な日常が戻ることを祈念してやみません。


 

2021-01-07 15:06:09

コメント(0)

折りたたむ

感染対策

新型コロナ感染対策の取り組みについて

初詣、十日えびすは混雑が予想されます。

朝からの分散参拝にご協力お願いします。
・各授与所、窓口にビニールシートを設置し職員は消毒を徹底してマスク着用にて対応します
・手袋着用、折敷での金銭授受を徹底すること
・境内各所に消毒液を設置
・不特定多数の方が触れるものへの消毒
・手水舎は閉鎖します
・境内社の鈴緒は取り外すかお手に触れないように上へあげます。
・境内、境外の露店の出店を中止し、滞留場所の確保
・御朱印は事前に浄書した御朱印を授与します

・本殿での御祈祷は参列人数を減らして代表者1名もしくは2名のみ昇殿し
 密接をさけます。受付時に検温致します。
・境内ではマスクを着用し、大声での会話はお控えください。
・スマートフォンをお持ちの方は、接触確認アプリCOCOAのインストールをお願い致します

 

2020-12-12 15:58:03

コメント(0)

折りたたむ

福娘の募集締め切りました

令和3年1月9~11日に奉仕していただく戎祭の福娘募集は締め切りました。

たくさんのご応募誠にありがとうございます。

コロナ禍で応募も少ないかなと思っておりましたが

それ以上に集まっていただきました。

書類選考が終わりまして、これから結果を郵送いたします。

到着までしばらくお待ちください。

2020-11-04 13:36:15

コメント(0)

折りたたむ

八朔祭に関しまして

皆さまこんにちは。

厳しい暑さですが、いかがお過ごしでしょうか。

例年9月に開催される例大祭の八朔祭ですがコロナ禍の影響により、

各祭典・神事の規模を縮小して斎行することとなりました。

ふとん太鼓会各団体による奉納行事はすべて中止となっております。

ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 ※露店も子供神輿もありません

9月13日(日) 宵宮祭14時斎行 御神楽の奉納は15時から18時まで
9月14日(月) 例大祭13時斎行 御神楽の奉納は14時から18時まで
           御旅所祭 例大祭に引き続き斎行
9月15日(火) 田実祭11時斎行
 

2020-08-11 15:33:12

コメント(0)

折りたたむ

夏越の大祓

皆さまこんにちは。
本日境内に茅の輪が設置されます。
6月30日の夏越の大祓では茅の輪くぐりをします。
八の字にくぐります。
日ごろの罪や穢れを祓い、12月末までの無病息災を祈念致します。
人形(ひとかた)は、神事後に堺港へ流します。
当日お詣りいただけない場合は、社務所に人形(ひとかた)を準備しておりますので
お声かけください。当日一緒にお祓い致します。

蘇民将来のおはなし

むかし、むかしあるところに牛頭天王という人がいました。
そろそろお嫁さんがほしいなぁと思っていると鳩がやってきて「竜宮城へ行きなさい」と教えてくれました。
そこで、牛頭天王は竜宮城への旅に出かけました。
  途中、泊めてもらうところを探しているとこの辺りで一番のお金持ちの巨旦ごたんの家がありました。
牛頭天王が「一晩泊めてください」と言うと、巨旦は意地悪く「うちは貧しいから泊められないよ」と嘘をついて断りました。
牛頭天王は困りました。
しかたなく歩いて行くと蘇民将来の家がありました。「泊めてください」と言うと貧しいながらも
「どうぞ」と言って家の中に招き牛頭天王に粟飯をおもてなししました。
  次の日牛頭天王は泊めてもらったお礼に、これから疫病が流行ったら蘇民将来の子孫末代まで守ると約束されました。
その目印として茅の輪を腰につけさせたと言われます。
 
  代々蘇民の家の人たちは、このとき牛頭天王が言われたように「蘇民将来」と書いた木を身に着けていました。
それがお守りとなったので幸せに暮らしたという言い伝えが残っています。
  この木のお守りが現在は注連縄にとりつけられ家の玄関口で悪いことを追い払ってくれている護符として
飾られています。
 

2020-06-26 09:42:32

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2